当連盟について


関西一円をつかさどる
関西連合会としてスタート
 
大阪の少林寺拳法の歴史は、1954(昭和29年)年4月、本州最初の道院として設立された大阪道院(岡田氏)に始まる。
だがこの道院はまもなく道院長が郷土の香川に引き上げたこともあって長く続かなかった。
 再び空白になったところへ、翌年1月15日付の大阪新聞が、「禅の拳法」という見出しで少林寺拳法を大きく報じたことから、本部への照会が相次ぐなど大きな反響を呼ぶこととなった。
  そこで創始者は、高松道院だった長尾氏に奥村正千代を伴わせて大阪に派遣。同年6月長尾は大阪市西成区に高松大道院西成分道院を発足させた。その中には当時、茶道の表千家の顧問で和歌山近鉄百貨店の社長であり、関西連盟発足時の会長だった今本宇与茂氏(故人)の姿も見られた。
 さて、府連盟の歩みであるが、大きな特徴は東京の場合と同じで、こちらも当時は関西連合会として、大阪を中心にした関西一円の組織としてスタートしている。63年4月、関西道院長会結成。会長に奥村正千代を選出し、阿倍野体育館で近畿演武大会を開催した。翌64年3月、第一回大阪演武大会を各大学支部、実業団支部および一般支部約30団体、300人の関係者参加のもとに開催。この大会には中馬馨・大阪市長(当時)が初めて出席し、注目を浴びた。これを契機に、4月には大阪連合会が結成され、同時に関西道院長会は発展的に解消し、翌65年1月には関西連盟が発足した。7月には大阪府立体育館において第一回関西選手権大会も挙行。この大会は、翌年から関西大会と改称して継続され、このため大阪独自の大会はいったん中止されることになった。
 この間、大阪府連盟に歴史の残る最大の出来事は、いわゆる不動禅少林寺拳法を名乗る団体(当時)との名称問題にかかわる闘争である。
 組織的には、69年4月に大阪連合会から大阪府支部連合会に、さらに75年には(社)日本少林寺拳法連盟所属の一般支部によって、改めて大阪府連盟に移動し大阪府下を軸足にした活動母体としての本格的な組織となった。
 理事長は64年から四年わたり奥村正千代、以後68年に美田雅章、70年に横田仁(元東大阪中央支部長)、72年に山本睦雄と引き継がれ、74年から吉田寛之(元大阪竜華支部長)、78年から山本睦雄、80年から岩佐澄憲(元大阪新淀川支部長)、86年から永田昌範(大阪千里支部長)が94年までの8年間を努めた後、2003年から再び岩佐澄憲が就いた。
  会長は、72年に吉田三七雄・プラザホテル取締役副社長(故人)が一年間努めた後、四年間の空席を経て、77年鈴木富治・大阪市野外活動指導者連盟会長(財)大阪市青少年活動協会専務理事)が就任。その後、80年に安田博・大阪瓦斯(株)社長(故人)、81年に新井正明・住友生命保険相互会社会長(元名誉会長)と 続き、84年にはダイキン工業(株)の山田稔会長が就いた。しかし、95年5月1日、山田会長の逝去に伴い、同年 8月付で、井上礼之・ダイキン工業(株)取締役会長 兼 CEOが努めている。
 関西武専(当時)の開設は66年10月、関東武専(当時)に続いてのスタートだった。また、大阪体育協会には 、82年に加盟している。
  府連盟の歴史を通して特筆すべきは、この間日中友好に関して常に最大限の努力を 惜しまなかったことである。なかでも、74年七月大阪万博記念公園で開催された中国展覧会では、対策委員会を 設けて、府民協力会が結成されると同時に加盟、警備、場内整備と大車輪で活躍、中国側に感銘与え、友好の 絆への大きな成果をあげた。
                       (少林寺拳法50年史より抜粋、一部加筆、修正)